ディスカバー 農山漁村の宝
TOP > ディズカバー農山漁村(むら)の宝の取組

ディスカバー農山漁村(むら)の宝の取組

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の概要

趣旨
「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」とは、「強い農林水産業」、「美しく活力のある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良事例を選定し、全国に発信するものです。
選定の対象となる取組
地域において、新たな需要の発掘・創造や埋もれていた地域資源の活用を行うことにより、農林水産業・地域の活力創造につながる、次の①から③のいずれかに該当する取組とします。
  1. ①美しく伝統ある農山漁村の次世代への継承
  2. ②幅広い分野・地域との連携による農林水産業・農山漁村の再生
  3. ③国内外の新たな需要に即した農林水産業の実現

選定地区に対する取組

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定された地区に対しては、選定証の授与を行います。
また、農林水産省ホームページ 等で活動を紹介するほか、様々なイベントへの出展支援を通じて、全国的な情報発信を行います。

ロゴマークについて

農山漁村の原風景をモチーフに、知恵と工夫で地域の特色を生かした地域住民の絆、たゆまぬ向上心、やさしい手、温かい手づくりで支えるパワーが、キラリと光る「農山漁村(むら)の宝」として輝きを増している様子を表しています。製作者:松岡 英男 様(グラフィックデザイナー)

フォローアップ調査(平成30年3月~5月)

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として平成26年度(第1回)から平成29年度(第4回)までに選定された111地区に対して、「選定された効果」や、「他地域への波及」等の状況について調査を実施しました。
また、選定地区に視察を行った団体の中から抽出した、27団体に対して、「視察後の取組の変化」等について調査を実施しました。

調査結果についてはこちら